ケータイ小説 野いちご

好きになった人はオオカミでした。-さくらの血契・外伝-【まとめ版・完】



お兄が影小路の跡取りに決まった。これで、私を担ごうなんてことを考える人も大人しくなるだろう。
 

お兄の跡取り決定のことで、影小路の中枢の人たち向けのお披露目をしなくちゃいけないんだ。


その場でお兄の婚約も公にされる。


お兄の彼女は、幼馴染ではとこの月御門舞白ちゃん。夜白くんの双児の妹だ。
 

披露目の場には、正冬さんが同席してくれることになった。


なんでも、お母さんが披露目のときに縁談を持ちかけてくる人ばかりだったから、私にももう恋人いますって言っちゃいなさい、ってことらしい。


実にうちの両親らしい采配(さいはい)だ。


< 114/ 352 >