ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。





「ねぇ、真優ちゃんって彼氏いるの?」

「へ?」


休み時間、一人席に着いて窓の外を眺めていると、同じクラスの女の子が聞いてきた。


「彼氏…?」


意味はわかっているが、生まれて初めてされた質問にポカーンっとしてしまう。


「もしかして…光太郎くんが彼氏だったりする?」


「え!?」

光太郎!!??


「だって、いつも一緒に登校しているみたいだし…学校内でも、仲良さそうだし」


いやいやいや…

首を思い切り横に振る。



「光太郎とは家が隣だし、幼馴染だから…それに、光太郎は私というよりお兄ちゃんの犬…いや、ファン?みたいな」


お兄ちゃんが朝練の時は二人で登校しているが、たまにお兄ちゃんがいる日があると、私を置いて二人で登校してしまうぐらい、光太郎はお兄ちゃんにベッタリ。



「そうなんだ。小学校の時からずっと仲良いから、付き合ってるのかと思った。じゃあ、真優ちゃんは今好きな人いないの?」


好きな人ー…


そう聞かれ、頭に思い浮かんだのは…


「…いないよ」




言葉に出して言えない人。



「そっかー。あ、やば!授業始まる!!ごめんね、色々聞いちゃって」

「ううん」


本鈴が鳴ると、女の子は急いで席に戻って行った。




しばらくして、先生が教室に入ってきて授業が始まった。






< 26/ 221 >