ケータイ小説 野いちご

君のことなんて何にも思ってなかったのに

私の席は窓際の、前から5番目。葵は、ちょっと離れている。そして、星馬は、私の隣の列の前から3番目。

今まで気にしたことなんてなかったんだけど……

「はーい、じゃあ今から班活動してもらいます。班の、隊形になって」

なにかの授業で先生にこう言われた時だ。班の形になると、向かい側の人と目が合うことがある。

私は視線を黒板に流した。

その時に、視線を感じてふっと見てみると、聖馬がこちらをずっと見つめていたのだ。

突然のことに弱い私は、しばらくそのまま固まってしまった。

すると、聖馬はふっと笑ってて目をそらした。

「陽菜ちゃん?どうしたの?」

同じ班の女の子に声をかけられるまで、私は半分意識が飛んでいた。

< 5/ 6 >