ケータイ小説 野いちご

難病が教えてくれたこと

「李那!すごいよ!あんなに早いとは知らなかった!」
海澪がすごい興奮してる…
蒼空は至って冷静だ。
「蒼空?どうしたの?」
「俺李那が足速いの知ってる。」
…ん?
目の前で走ったことないよね?
あれ?
「…1年前…大会、見に行った…」
…嘘でしょ…
あの大会の時、蒼空、いたの?
「その大会以外も見に行ったりしてた…」
あの1年前の大会を見たってことは…
私の足が動かなくなったってことを見てたってことだよね…?
丁度蒼空と仲良くなったのも…
1年前の大会以来だ…
「蒼空、私の足に興味を持って近づいてきたでしょ?」
「初めはそうだったよ。
だけど、李那を見てて純粋に友達になりたくて近づいた。」
…ふぅ…
「ならいいや!何でもない!」
「李那…」
ーガクッ…
あ、やば…
「李那!」
「李那?!」
力抜けちゃった…
「李那!大丈夫か?」
え、裕くん?!
「裕くん…?」
「ごめん、いてもたってもいられず…大丈夫か?」
ほんとに優しいなあ裕くんは…
自慢の彼氏だよ。
「今、無理だ…全身力抜けてるから…」
「そうか…とりあえず陰まで俺が連れてくよ。」
「え?!」
聞き返す暇もなく裕くんは私を抱えて日陰まで連れてってくれた。
「ここなら涼しいだろ?」
「…そだね、ありがとう」
「お姉ちゃん!大丈夫?」
「美那?」
声のした方を見てみると我が妹が駆けつけてくれた。
「お姉ちゃん現役にも負けないなんてすごいわ…体平気?」
「うん、裕くんがここまで連れてきてくれたから。」
裕くんは私を見て満面の笑みを浮かべていた。
「そりゃあ大事な彼女ですから?」
「ふふっ」
「李那さん!大丈夫ですか?」
どっかで聞いたことのある声だなあ…
えーっと…あっ!
「風雅くんじゃん」
「美那が一目散に李那さんのところ行くんで追いつけなかったっす…」

< 13/ 200 >