ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大好きな彼は超能天気ボーイ

「あ、帳さん。
これ、少しお願いできない?」

学校に着けば、早速先生からの雑用を授かった。


学級委員はやっぱり大変だね。功はというと、机の周りに2,3人女子がいて身動きが取れていない。


はあ、改めて幼なじみなのに格差というものを見せつけられた気分だ。


いつか私にもモテ期というものが来るのだろうか。

そして私はお腹から顎まで高く積まれたプリント集を運びに出かけた。


きっとホームルームまでには間に合うよね。


< 17/ 174 >