ケータイ小説 野いちご

早く気づけよ、好きだって。



さっきよりもさらに鋭くなる目つき。

顔が整っているだけに、睨まれると心臓が縮みあがりそうなほど怖い。

私が悪いのは認めるけど、そんなに睨まなくたって……。


「えーっと、誤解を招いてしまったようで申し訳ないんですが……私はストーカーじゃありません。ムービーは、たまたま手が当たって……そしたら、偶然あなたがそこにいたといいますか」


ダークなオーラを放つ彼と目を合わせるのが億劫で、うつむきながら言い、さらには声が小さくなってしまった。


「いるんだよな、そうやって言い訳するヤツ」


はぁとため息を吐きながら、その声は私の言い分なんてまったく信用していない。

「あ、いや。言い訳じゃなくて、ほんとのことなんだけど……」


だいたい、私は桜を撮ろうとしてただけだし。

初めて会った人にストーカーなんてするわけないよ。


「そうやって、絶対に自分が悪いって認めないんだよな」


「え、あの、だから……」


恐る恐る顔を上げる。

完璧に私を悪者だと決めつけるような疑いの目を向けられていて、思わず肩が小さく揺れた。


ち、違うんですけどー!

そう言いたいのに、言葉が出てこない。


「えっ、と、だから……誤解」


「あんたみたいなヤツが、この世で一番嫌い」


遮るようにしてそう言い切られ、とても冷たい視線を向けられた。

蔑むような軽蔑の眼差し。


< 17/ 246 >