ケータイ小説 野いちご

さようなら、ディスタンス。




ふと、彼の左耳のピアスが目に入った。


自然と手が伸びる。ぎりぎり触れそうなところで止めた。



祐希はわたしの動きに気づいたらしい。ん? と切れ長の二重をわたしに向けた。



「これ、似合ってるよね」


「あー。ピアス?」


「わたしも、空けてみたいな」



そう伝えると祐希はすっと視線を外し、交換したシュークリームを口に入れた。


ちょっとした沈黙がわたしたちを包む。


永遠に続いてほしいような、早く終わってほしいような、そんな間だった。



彼はごくりと最後の一口を飲み込み、ぼそりと沈黙を破った。



「いいんじゃない? そしたら片方ずつでつけれるじゃん」


「…………」



口元がゆるまないよう、唇は固く閉じた。


声は出さず、うなずきだけで意思を返した。



祐希は軽く微笑みながら「よいしょ」とわたしの頭に手を置いて立ち上がり、さっきの位置へと戻った。



それからすぐ美羽ちゃんと祐希母が帰ってきたため、挨拶してから祐希の家を出た。



大丈夫だ。


祐希とは、家で2人きりになっても、何にも起きない関係だ。



何にも起きないことに、ほんの少し物足りなさを感じるのは気のせいだ。




< 36/ 103 >