ケータイ小説 野いちご

さようなら、ディスタンス。



窓から差し込んでくる光が、少し弱くなってきた。


そろそろ美羽ちゃんとお母さんが帰ってくる時間だ、たぶん。



「じゃあこれ食べたらわたし」


「もう帰んの?」



祐希は机に置いたスマホを指でいじりながら、ちらりとわたしを見る。



本当は、まだここにいていいんだけど。


どう答えたらいいんだろう。



言葉を詰まらせていると、なぜか祐希はわたしの顔を見つめ、くくくと笑いをこらえた。



「あのさぁ、さっきから。それ、わざと?」


「え? 何?」



キョロキョロしている間に、窓からの光が一瞬だけ途切れた。


祐希は立ち上がり、わたしの隣にどかっと座る。


手が伸びてくる。頬を親指でなでられる。



どうやらほっぺにクリームがついていたらしい。



そのまま祐希は指についたクリームを舐めた。その様子を見つめていると、近い距離で目が合った。



「レアチーズ美味いじゃん。交換しよ」



2人きりの空間、すぐ隣に祐希がいる。



「あんたいっつも人のほしがるよね」


「お前がいっつも美味そうなの買うのが悪い」



とりあえず憎まれ口をたたくと、すぐに言い返される。



うん。いつも通りのパターンだ。


距離が近くても、わたしたちの間には変わらない空気が流れている。


< 35/ 103 >