ケータイ小説 野いちご

さようなら、ディスタンス。



ここは行きつけの店である4号線沿いのファミレス。


すらすらと数式を書き並べるアユを横目に、窓の外を眺める。


分厚い雲によって光がさえぎられた国道は、今日も変わらずいろんな車が行ったり来たりしていた。



『この4号線って東京までつながってるんだよ』



光くんはそう言っていたけど、ここから東京までの距離はおよそ500km。新幹線ですら2時間半だ。


東京に行ったことはあるけれど、都会すぎてわたしにとっては非日常な空間だった。普通に人が生活していることが不思議に思えるくらい。


だってわたしの家から光くんの実家はおよそ3km。数ヶ月前まではチャリ10分で会いに行けた。


離れた距離、100倍以上。そりゃ遠いわ。



集中をとぎらせながらも真面目にシャーペンを動かしていると、


アユに「数学の問題集貸して」と言われ、リュックの中を探った。



「あれ?」



数学系は基本カバンに入れっぱなしなのに、見つからない。


前に使ったのは、えーと。この前、美羽ちゃんと遊んだ後に祐希とテスト範囲見直した時だよな。


ってことは……。



「うわー。祐希の家に忘れたかも」



ノートや教科書をごそごそしながらつぶやく。


すると、少し間が開いた後、


「え。あんた、家まで行ってんの?」


アユはシャーペンを置き、驚いた顔でわたしを見つめた。



< 30/ 103 >