ケータイ小説 野いちご

さようなら、ディスタンス。



県道をそれると、田んぼと家が交互に並ぶエリアに入る。


水たまりをぴょんと避けながら、美羽ちゃんは楽しそうに一歩先を進んでいく。



その様子を見守ったまま、祐希はぼそりと言葉を発した。



「だってお前彼氏いるし、恋人未満っつったらおかしいでしょ」



一歩一歩、足を進めるごとに、肩や腕が彼にぶつかる。


彼から離れると雨に濡れてしまう。それ以上でもそれ以下でもない。



「あんただって彼女いるでしょ」



口ではそう言い返しておいたし、横目でにらんでやったけど。


さっきの隼人くんのとは違って、祐希のかすかな感触は心地よかった。



お互い恋人がいるから、境界線を超えることはない。


だから一緒にいても大丈夫なんだ。



ただ、わたしは、祐希にとって『友達以上』であることは確からしい。




< 28/ 103 >