ケータイ小説 野いちご

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。




たった数日会っていないだけなのに、寂しさを感じてしまうわたしはなんなんだろうか……。

天ヶ瀬くんはわたしのことより幼なじみのほうが大事なのに……。


あぁ、やだ。
またこうやって、自分の中の醜い感情がブワッと湧き上がってきてしまう。

教室の扉の前で開けるのを躊躇っていると。


「あれー、ももちゃん。久しぶりじゃん、おはよ」

「あ、星川くん…おはよ」


音楽を聴きながら、こちらに歩いてきて、イヤホンを耳から外してわたしに声をかけてきた。


「どーしたの?そんなところで突っ立って。教室入んないの?」

「え、あっ……」


開けるのを戸惑っているわたしにお構いなしに、ガラッと扉を開けてしまった星川くん。

思わず自分の席のほうから目をそらしてしまった。


もし、天ヶ瀬くんがいたら……
そう思うと、目を合わせたらどうしたらいいかわからない。


< 141/ 327 >