ケータイ小説 野いちご

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。




ただでさえ、いつもと違って熱があって、頭がボーッとしてるのに、愁桃の相手していたら余計熱が上がりそう…。

そのまま、部屋を出て行こうとしたら。


「おい、もも。ちょっとまて」


わたしの顔を見るなり、すぐに腕をつかんで、自分のほうに引き寄せた。


ま、まずい……!
もしかして、熱があるってことがバレたんじゃ…。


もし、バレたら即休まされる。
おまけに看病という厄介なものまでついてくる。


「な、なに…?」

愁桃の手がわたしの顔に伸びてくる。や、やばい…いま顔に触られたら熱いから確実にバレる。


愁桃の表情から見ても、かなり険しい顔をしているから、もうほぼ確定かもしれない……と、思ったら。


「……これ、天ヶ瀬がつけたのかよ」

愁桃の手は顔ではなく、わたしの首筋に伸びていた。


「へ……?」


< 109/ 327 >