ケータイ小説 野いちご

浮気してるくせに平然な彼







”アンタなんかを、美羽が好きになるワケないんだから!!”と、最後まで罵声を浴びせてくるサナを置いて、保健室を出る。





頭いてぇ。具合悪いの悪化したし。





もうこのまま帰ろうと、職員室に寄り担任の先生に早退する事を伝え、家に帰宅した。





一難去ったらまた一難。





今日は本当にツイてないらしい。





夜、リビングのソファーで寝ていると、母さんから『翔!』と呼ばれ、少し良くなった体を起こす。





「なに??」





「麗美ちゃんが来てるわよ」





「………追い返しといて」





どのツラ下げて来てんだよ。





俺はもう、麗美とは話すことなんてない。





< 172/ 382 >