ケータイ小説 野いちご




入部してしばらくすると

道着や防具や竹刀を買ってもらい、

本格的な稽古に入れてもらえるようになった。



初めて道着を着た時、河村君が言ってくれた

「いいやん!」

というたった一言が、

飛び上がるほど嬉しくて。

顔が緩むのを抑えるのが大変だった。



< 17/ 31 >