ケータイ小説 野いちご

浮気してるくせに平然な彼





画面を見ると、堀内くんからLINEがきていた。





“証拠がいる”と、一文。短い文章だった。





………………でも、私と堀内くんは聞いたじゃん。





“会話の内容は全て覚えてるよ。それを全部伝えたら陸くんは何も言い返せないよ”





文字を打って、すぐ堀内くんにLINEを返すも、既読にはならずにホームルームが終わってしまった。





いつもはホームルーム終了後、サナと陸くんが私の席に来てくれるが、さすがに今日からはそういうワケにもいかない。





一人ボーッと、机の中から教科書とノートを出したりと、一限目の準備をしていると、『美羽………………』サナがまた私に話しかけてきた。





今にも泣いてしまいそうな、そんな目をしていた。





< 128/ 382 >