ケータイ小説 野いちご

約束

陽介の気遣いが嬉しかった。




この約束を守りたい。




「うん!約束する。




…陽介、ありがとうね///」




あらたまって言うのになんか照れちゃって




「おう///」




なんで陽介も照れてんのよ




2人して笑った。

< 4/ 20 >