ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。




こんなことでいちいち傷ついてたらこの先やっていけるわけない。

一瞬でぐしゃっと潰れた自分の顔を隠すように下に俯いた。


「もーも」


もう、顔あげられない。
瞳にじんわり涙が溜まってきた。

泣くな、バカ……っ。

必死に泣いてることがバレないよう、堪えようとする。


だけど、鼻をすすってしまって
多分、それで泣いてることがバレてしまったに違いない。


「はぁ……」


ため息が聞こえた。
ほら、呆れてる。

そのため息がさらに涙を誘う。


その涙が下にポツリと落ちる前に。


すぐに身体がふわっと浮いて。


「へ……っ?」

何も言わず、わたしを抱っこしたまま
体育倉庫をあとにした。


< 56/ 327 >