ケータイ小説 野いちご

先輩、知ってましたか?

「えぇ!?


……じゃあ、今年は楽しみにしててくださいね?」



すると、あたしの耳にぐっと顔を近づける圭人先輩。


「…________。


楽しみにしとけよ?」


「…っ!!!」


顔が、沸騰したやかんみたいに熱かった。


“チョコと一緒にお前ももらうから”


*終わり***

< 32/ 33 >