ケータイ小説 野いちご

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。




「ももは自分勝手だね」

その言葉、そっくりそのまま返してあげたいくらい。


きっと、さっきの本気でわたしのこと好きだったら?とか言ったのも、ただ自分のものが他人に取られるのが嫌だから、そんなことを言ったんだ。

別にわたしだから取られたくないとか、そういうわけじゃない。


「天ヶ瀬くんの方こそ……面倒なことに巻き込まれるの嫌いなくせに」


「うん、嫌いだよ」


「だったらなんで……わざわざ愁桃に絡むの」


別にわたしが愁桃や、他の男の子と話してたり、一緒にいたりしても何とも思わないでしょ?

だったら、放っておけばいいのに。


「さっき言ったの聞いてなかった?」

「え?」


「自分のものに手出されるの嫌いだって」


「なにそれ…」


変なところで、そんな独占欲みたいなの出してこないでよ。

今まで自分の彼女の顔もまともに覚えてなかったくせに


よく、そんなことが言えるもんだ。


< 41/ 327 >