ケータイ小説 野いちご

リョウオモイ



私が7歳のとき


父が出ていきました


母ではない女の人と一緒に


父と母はすごく仲良しで


私が産まれてから


もっと仲良しになったと言ってたんです


だからこそなんで父がって…


明るかった母は


「これだから男は信用できない」


「琴葉も気をつけなさい」


「お母さんが頑張ってるのわからないの?」


「甘えないで」


人が変わったように私に当たり散らしました


そんななか唯一心を許せたのが


ゆうくんだったんです


父が出ていった日


母に怒鳴られた日


叩かれた日


泣きたいときはおいでって


我慢しなくていいんだよって


ゆうくんはわかってくれてるんだと思ってた


なのに


私を裏切った


< 14/ 16 >