ケータイ小説 野いちご

令嬢の私 でも、、、

奈々「ほら、指紋認証」




「うん」




あ、このエレベーターは、




私か、まっちゃん、みっちゃんの、




いずれかの指紋が必要なんだよね。




ピピッ




と、扉が開き、中に入る。




奈々「いつ見てもスゴいわ」




「確かにね」




そして、勝手にエレベーターは動き出して、




理事長室に到着。




扉が開き、




そこには書類を見るまっちゃん。




「まっちゃん!」




< 19/ 100 >