ケータイ小説 野いちご

貝に住んだ猫

ある日、ネモが泉のそばを散歩していたときのことでした。


盛り上がった地面から、何か白いものが見えます。


「なんだろう?」


よくよく見てみると、すべすべした白い石のようでした。

< 2/ 12 >