ケータイ小説 野いちご

ヤンデレくんとツンデレちゃん




 *



「やーなーちゃん」

「…………」

「体育、一緒に行こうよ」

「ついてくんな。行こ、千穂」


愛から離れようとするも、相変わらずついてくる。


うざい。


「どこまでついてくるつもり?」

「更衣室の中まで」

「はあ!?」


「めぐむー♡」


駆け寄ってきたと思ったら、


「一緒に行こ」


愛にうしろから抱きつく転校生もとい許嫁。




「え? どこに?」

「更衣室の中まで」


この子も愛と同類か……?


「いいけど。……離れてよ」


いいのぉ!?


もしかして、2人は昔からずっと一緒で。

お風呂に入ったりなんかしてるの?

そうなの!?


「あ、梁ちゃん!!」


付き合ってられないし。


< 119/ 296 >