ケータイ小説 野いちご

天神学園の奇妙な案件

ルナを下がらせ、蛮と対峙する龍一郎。

「気持ちは分かるけど、あんまりみっともよくねぇぞ」

龍一郎は拳を鳴らした。

「鬱憤が溜まってんなら、俺が受けて立ってやるよ」













< 40/ 470 >