ケータイ小説 野いちご

【完】こちら王宮学園ロイヤル部




さらっと。

何かとんでもないようなことを言われたような気もするけれど、ふたりでリビングへと引き返す。そうだ、と彼が小さく呟いた。



「昨日のあれ、結局彼氏じゃないのか?」



「大和のことですか? 違いますよ。

同じ中学の出身なので、仲は良いですけど。それよりどうして昨日の事知ってるんですか」



尾行していたわけじゃあるまいし。

どうしてわたしが大和と帰ったことを知っているのかと、素朴な疑問を投げてみれば。



「防犯カメラついてるの知ってんだろ」



「え、いちいち確認してるんですか?」



「ルアの部屋に、モニターがあるんだよ。

部屋から出てこねえけど、その代わりにパソコンを通してできる作業と、防犯カメラの管理はあいつの仕事だからな」




……なるほど。

だからはじめてここに呼ばれた時も、うろうろとしていたわたしの姿がすぐに見つかったのか。リアルタイムでモニター監視しているらしい。



リビングにモニターがある雰囲気でもなかったし、ちょっとした疑問が解決した。

それにしても、どんな伝わり方をすれば"彼氏"と勘違いされるんだろう。



「あんまりほかの男と仲良くするなよ?

一方的に、俺が妬くだろ」



かあ、っと。

蠱惑的な表情で言われたそれに、理解するよりも早く顔が熱を上げた。それを見て楽しげに笑った彼を見て、揶揄われただけかと拗ねるように顔を逸せば。



「まあ俺のこと妬かせてえなら、話は別だけどな」



「っ、」



こんな風に、動揺させてくるくせに。

リビングの扉を開いて、優雅にエスコートしてくれるいつみ先輩。それがあまりにも自然で。この人タチが悪いなと、本人には言えないことをひっそり思った。




< 61/ 655 >