ケータイ小説 野いちご

幕末にタイムスリップさせられました!?弐〜新選組と殺し屋の僕〜

「土方さん、すんません。追い返されました。」



うん、大丈夫だね。



襖越しでもなんとか声は聞こえる。



「『桝屋喜右衛門』はそんなに手練れだったのか?」



土方さんナイス!僕もそれが1番気になってた!



僕は気配に気づかれないように、心の中でガッツポーズをする。



「いや、その…………」



「土方さん、ここからは左之に変わって俺が話します。手練れだったのは『桝屋喜右衛門』ではなく、『桝屋喜右衛門』の側にいた女子です。年齢からしておそらく娘でしょう。」



「娘だと?」



「はい。その娘はとても気が強く、『私の家族が一体何をしたというのですか!証拠もなしにここの敷居を跨がないでください。不愉快です!』と、家の戸を閉めて、俺らが言い負かされました。」



へー、それは凄いね。



女性が新選組を言い負かすなんて。



しかも、その新選組は強面集団でしょう?



普通の女性ならきっと泣くか、腰を抜かすよね。



< 71/ 193 >