ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!




じゃあ⋯⋯。



「あれが本心じゃなかったら、今までの私はなんだったの⋯⋯?ずっと、上野くんを見返してやろうと思って過ごしてきたのに⋯⋯」



見返してやろうって思ってる反面まだ諦めきれずに好きだった。



「私、すごく申し訳なくて。なんで私はずっと被害者面してたんだろう⋯⋯。上野くんも辛かったはずなのに⋯⋯」



私。私のことしか考えてなかった。



上野くんを信じきれてなかったんだ。きっと。



私の方が加害者だったの、かも。



「あの頃の俺はまだ幼かった。よく考えれば別れなくても側で守ってやることが出来たのにひどい言葉を言って俺から遠ざけた。俺は最低な人だよ」



そんなことない⋯⋯。上野くんの行動が私を守るためだったのなら全然最低じゃない。



むしろ、私の方が最低だ。




私のためにここまでしてくれたのに。私は⋯⋯。





「ううん。最低じゃないよ、上野くんは。⋯⋯でも、本当のことが知れてよかった。今までずっと上野くんが悪いと思ってた。ごめんなさい」



これだけは謝らなくちゃと思ったから。



< 224/ 263 >