ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!




今思えば菜々ちゃんは凄い。



だって、こんなにも自分の想いを言葉にできるんだから。



涼くんっていうのは、クラスのムードメーカーで友達がたくさんいる男の子。




私とも仲良くて友達だった。




でも、それ以上は思ったことはなかったから、菜々ちゃんからそう言われても特に何も思わなかった。




それどころかやっぱり女の子だったから恋愛とか大好きで、




「え!そーなの??応援するね!!」




ってすごくノリノリだった。菜々ちゃんと涼くん、両想いだといいなとも思っていた。





そして、私も恋愛相談とかされるような大人になったのかな?とか小学生なのに思ってみたりしてたんだ。




< 174/ 263 >