ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!





「じゃあ、心菜着替えてきましょうか」



「うん!」



海を見つめていた私に花音が声をかけてくれる。



近くに更衣室があるらしい。



というか、花音、やっと元通りになったね。



南央くんのお母さんに送って貰ったから花音は緊張しまくり。



彼氏のお母さんの前は緊張するよね。



やっぱりそこでも人見知り発揮しちゃって、それと極度の緊張も合わさって車の中では私たちともあまり話さなかった。



「じゃあ、行ってくるね!!」




隼人くんと南央くんにそう言って更衣室に向かう。




「心菜ってさ」




急に花音が言い出した。



どうしたんだろう。



「すっかり元の可愛い心菜になったわね」




< 131/ 263 >