ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!






「てか夏休み、ふたりで遊ぶから」




「え?」




ふたり⋯⋯?なんのこと?





「決定事項だから拒否権なし」




きょ、拒否権⋯⋯。



「え。えーっと私と、隼人くんってこと?」





「それ以外に何があるんだよ」





え、え!?、ふたり!?





「なんで!?」





「親睦を深める」





なんか、隼人くんの口から親睦って言葉が聞けるとは⋯⋯。




食事の時に深めてると思うけど。





「ま、決まったことだから。後で連絡する」





そう言って南央くんに話しかけに行った。





えーっと、二人で遊ぶ⋯⋯んだよね?





でも、あんまり知らない人と2人って訳じゃないし無言でも気まづく無いから、2人でもいいのかも。





強制的に押し切られちゃった感じがあるけど、なんだかんだ楽しみだな。私も。



遊ぼうじゃなくて遊ぶからっていう言葉遣いは隼人くんらしくて、ちょっと笑ってしまった。




< 129/ 263 >