ケータイ小説 野いちご

【完】私、新しく生まれ変わります!





でも、まぁ、普通に考えてそうよね。カップルなんだもん。




「「いや、いい⋯⋯」」




そこ、ハモるところじゃないでしょ!





どうせ、恥ずかしがってるだけだと思うけど。




二人ともウブだね〜。



「4人で遊ぼう。でも、ちゃんとデートするんだよ?」




と言ってあげた。





なんて優しいんだろう。私。




付き合ったことは聞いたけどデートとかの話は全く聞かないんだよね。



デート行ってない可能性もあるわけで⋯⋯それはだめだ。




花音は予想できたけど、南央くんまで奥手だったとは。




積極的なイメージなのに。




「そうだな!どこ行く??」





また元気になった南央くんが聞いてきた。





< 122/ 263 >