ケータイ小説 野いちご

神の世界へやって来たなら!?

「じゃあ各自しっかり頑張ろー!」





胡桃の言葉におー!と手を挙げる。




「では夏樹様にこの僕が色仕掛けを伝授して差し上げます」


怪しげにニヤリと笑ったいのり君。



うわ、なんか怖い・・。



「くっ、胡桃も一緒に・・」



「私はだいじょーぶでーす」


裏切りものっ!



このあと、みっちりいのり君に修行させられましたとさ。


< 120/ 312 >