ケータイ小説 野いちご

【完】もう一度、キミのとなりで。


「だって蛍は頭いいもん~。

この前の中間だって普通に50位以内には入ってたでしょ?

私100位以内にすら入ってないし、数学とか下手したら赤点だよ~」


「ううん、あれはたまたまだよ。

でも、私に教えられるところがあれば、教えるよ」


「ほんと!?助かる~!

じゃあ今度一緒に勉強しよ!」


「うん!」


加奈子ちゃんとは相変わらず仲良しで、毎日一緒だ。


夏休みには二人で遊ぶ約束もしたし、だんだんと自分の中で友達と過ごす日常が当たり前になってきた。


文化祭をきっかけにクラスの子と話す機会も増えたし、このまま夏休みが来てしまうのがちょっと寂しいくらいに、今は学校が楽しいと思える。


なんか、不思議だなぁ……。


「あっ、結城先輩だ~!」



< 200/ 414 >