ケータイ小説 野いちご

【完】月明かりの下、君に溺れ恋に落ちた。









ギューっと私にべったりくっつく零さんと


ぎゅーっと私にべったりくっつく花ちゃん。



そんな2人に挟まれて座るソファは、なんだか気まずい。



「...花ちゃんアイス食べる?」


「朝日ちゃんが食べるなら...」


「零さんは?」


「俺はコーヒー」


「はーい」




アイスとコーヒーを取りにキッチンに向かう。



私が立ち上がったせいで真ん中がぽっかりと...ソファがさっきよりも、何倍も気まずい状況になっていた。



...うーん
確かに零さんって、話しかけないと喋らないタイプだし


花ちゃんは人見知り激しいタイプだし



どっちもワイワイ話すタイプじゃないから難しいよね...



こんな時、直人のあの馬鹿な笑顔が恋しくなってくる...。



冷え冷えの冷凍庫を開け、絶対残していたと思ってたアイスが1個も入ってなかった。




< 290/ 416 >