ケータイ小説 野いちご

【完】月明かりの下、君に溺れ恋に落ちた。









「それでね、零君ったら入学当時から目立っててね。
女の子に騒がれたり、先輩に目つけられたり大変だったんだよ。
まあそれが理由で高校、めんどくさくなってやめちゃったんだけどね」



「へぇー!...当時からそんなモテモテだったんですか」


「そりゃあ零君みたいな男を女が放っておくわけないからねー
零君に喧嘩売る男は大体嫉妬が原因だったんだよー」


「えー!!それだけで喧嘩売るなんって小さい男ですねー!!」


「...おい神崎、あの頃の話はやめろ」



「えー!いいじゃないですか別に!
私零さんの事もっと知りたいもん!!」



「そうだよ零君。
可愛い彼女がこう言ってるんだから、いいじゃない別に」


「...」




文化祭が終わって早くも2週間が経った。


土曜日の休み、私と零さんは零さんが働いているBAR
『NOISE』に来ている。



昨日零さんがNOISEにスマホを忘れていって
今日取りに来たら、神崎さんが「よかったらゆっくりしていって」と、相変わらずの紳士的な態度で安心した。




「...そういえば神崎さんとは会うの二回目ですね」


「そうだね、会った時より可愛くなっててビックリしちゃったよ」


「えっ!?ホントですか!?」



嬉しくて思わず立ち上がると、零さんに引っ張られて無理矢理座らされた。




「真に受けるな。
こいつは女なら、特に客なら誰にでもこう言うぞ」


「えぇ!?神崎さんホントですか!?」


「いやいや、本気で可愛いと思ってるよ」


「ほら、やっぱり思ってくれてるんだ!!」


「だから真に受けんなよ」








< 248/ 416 >