ケータイ小説 野いちご

春が来たら、桜の花びら降らせてね


「魔法は使えねーけどさ、お前を笑顔にする。俺の持てる全ての力を使って、絶対に……」

まっすぐに見つめられて、私は視線をリュウ坊へ落とした。

夏樹君は、色んな表情をする。
楽しそうな顔、怒った顔、悲しそうな顔。

わかりやすい表情ばっかりなのに、時々、困ったような、なにかに耐えるような複雑な顔をする。

それが、どういう意味をもつのかがわからない。

わからなくて、胸が締め付けられるように苦しくなる。

「ワンッ」

「……あ!」

リュウ坊の抗議するような鳴き声でハッとして、私は「ほっといて、ごめんね」という思いを込めて、その毛並みを撫でた。

ねぇ、リュウ坊。
そのクリクリした大きな瞳を見つめて、心の中で尋ねる。

言葉がなくても……。
こうやって、見つめ合うだけで気持ちが伝わればいいのにね。

そうしたら、夏樹君の気持ちも、少しはわかるようになるのかな。

どう思う?
返事をしてみて……なんてね。

こんな馬鹿みたいなことを考えてしまうのは、言葉が無くても、心で繋がることができるって、証明したかったからかもしれない、そう思った。


< 66/ 277 >