ケータイ小説 野いちご

【完】月明かりの下、君に溺れ恋に落ちた。





ザァー...ザァー...ザァー...と。


今日は静かに雨が降っていた。



もう少しで10月に入りそうなのに
零さんと出会って、まだ1ヶ月すら経ってない。

流石に時間の流れを遅く感じる。




それもこれも多分1週間の間に色々ありすぎたせいなのかもしれない。




でもそんな時間もどうでもいいくらい...



「朝日悪いな。今日は送ってやれねーが迎えには行くから終わったら連絡しろ」


「分かりました、お仕事頑張ってくださいね!」


「あぁ...お前もな」





行ってきますのキスなのかなんなのか。


ちゅっ、と零さんが軽くオデコにキスしてくるから
ボンッ!!と私の顔は赤くなる。




そんな私を見て零さんは「いい加減慣れろよ」なんて無表情で言うけど。



こんなの慣れない、いや、慣れるわけがない。



だって相手が好きな人で、しかも相手が零さんだよ!?





あっちはキスの一つや二つ...慣れてるかもしれないけど...


私は...私は...




「零さんのバァカ!!」


「はあ?」




< 138/ 416 >