ケータイ小説 野いちご

初恋のキミは最愛ヒーロー


「あっ、私…用事があるから早く帰らないと。それじゃあ、碧瀬さん…また明日!」


橘さんがスクールバッグを肩に掛けて、慌ただしく教室を出て行った後、私もコートを着てマフラーを巻いた。


私も、帰ろう…。


足取り軽く教室を出た。


さっきまで感じていた胸の痛みも苦しさも切なさも、嘘のように消えて、今は…少しホッとした気持ち。


きっと、橘さんの好きな人が、ヨルさんじゃなかったからだろうな…。


こんなに心境の変化が起こるなんて、自分でもビックリしてしまう。


「初恋、かぁ…」


頭に浮かぶヨルさんの姿に、胸が高鳴る。


この恋、実らせたいな…。


そのためにも、どんどん話す機会を作って、仲良くなるのが近道だよね…。


距離を縮められるように、頑張らなくちゃ…。



< 29/ 325 >