ケータイ小説 野いちご

ねぇ起きてよ、要くん。






と思ったのに…



「ちょ、起きてください、要くん!!」




「ん〜やだ…」




家に戻るやいなや、制服のままベッドにダイブして寝息を立て始めた。


うそでしょ…



私のスカートと同じ柄の深い青色のチェック
のズボンのシワを見ながら呟く。



「お昼寝るなら夜寝たらいいのに…」




「んー、それは無理だよ。」




「お、起きてたの!?」




「俺、夜は寝れない。」




「うん?」






「俺、明るくねーと寝れない」





「暗黒恐怖症?」




「そういうことになるみたい。」




「なんで…って聞いてもいいのかな?」





「別にいいけど。いいけど、その代わり。」







────── そばにいてよ。




< 11/ 44 >