ケータイ小説 野いちご

【完】もう一度、キミのとなりで。


碧空くんと一緒に帰った次の日のこと。


学校に着くと、私はおそるおそる1組の教室をたずねた。


あの学生証の入ったパスケースを彼に返すために。


昨日話したばかりだから、話しかけることにそこまで抵抗はなかったけれど、それでも彼をたずねていくのには、かなり勇気がいった。


だって、なんか、碧空くんってすごく目立つから。


一緒に話しているところを見られて、自分まで注目されてしまうのが少し怖くて。


でも別に、用事もなくたずねてるわけじゃないから大丈夫だよね?


ドアの前に来て、教室の中をのぞいてみると、碧空くんはいつもの仲良しメンバーらしき男の子たちと楽しそうに話している。


私は大きな声で彼を呼ぶわけにもいかず、だからと言って中に入って直接声をかけることもできなくて、彼がこちらに気づいてくれないものかと思い、必死で視線を送っていた。


だけど、今日に限ってなかなか目が合わない。


どうしよう……。



< 57/ 414 >