ケータイ小説 野いちご

それでも歯車は回っていく2 〜王国滅亡編・上〜

アスレイっていうのも、ファレリア様が私に会いに来る時に使っていた偽名だったはず。孤児院のようなところでは、名前は知っていても姿までは知られていない為、まさか王女だとはこの当時誰も思ってはいなかっただろう。



「フィーネちゃん、今日もお姉さんが来てくれて嬉しいね。」



ここの職員の一人でもあったユキナさんは、七歳だった私にそう言った。



「うん!お姉さん、大好き!」



アスレイさん…ファレリア様が王女だとは知らずお姉さんと呼んでいた時期があった。



「ユキナさん、彼女はフィーですよ?」



ため息まじりに言ったファレリア様に、ユキナさんはクスッと笑って言った。



「ではアスレイさん、こういう名前はいかがですか?

フィーネ、フィーネ・アルマイラ」



すると突然、それが燃えるように消えていき、画面が切り替わった。

< 5/ 305 >