ケータイ小説 野いちご

【完】月明かりの下、君に溺れ恋に落ちた。







「...どうしよう」



ほんとにどうしよう。



考える暇もないくらい、怪我はひどいし


でも家に入れたくないし


でもでも警察呼ぶのはちょっと怖いし抵抗あるし...




もう...仕方ないよね?




ズルズルと男の腕を引っ張りながら、家の中に入れる。


はたから見たら何やってるんだコイツって思われるかも...


でもそのままにしておくと、近所の人に通報されそうだし



ほんとに仕方なかったんだと思うの。





「うひゃぁー!」なんて声を上げながら、着いたリビングが彼の怪我で血だらけに。
すぐに拭いたからすぐに落ちたけど...



さすが男の人だなーって思ったのは
細いのに、触ったら筋肉もちゃんとついてるし重いし



それに...


綺麗な顔。




おんなじ人間だとは思いたくない。

目もつぶったままの男の顔が、ここまで綺麗だと
目を開けたら、どんな顔をしているのか少し興味がわく。





< 2/ 416 >