ケータイ小説 野いちご

俺に彼女ができないのはお前のせいだ!



しかも、俺の家のドアが開き、


「ちょっと、あんたまたアリサちゃんのこといじめてんの?」


と母さんの怒り声が飛んできた。



「裕子さぁーん。うわぁーん、良ちゃんがあたしのことどーでもいいって言うの。悲しいよぉ」



くそ。俺の母さんを『おばさん』ではなく名前で呼ぶところがマジあざとい!



「よしよーし、アリサちゃんは何も悪くないよ。こらっ良一! こんなんばっかしてたらお父さんに言いつけるよ!」



母さんもここで親父をネタにおどすんじゃねー!



あーー朝から本当にムっかつく!



「はいはいどーせ俺が悪かったですぅー。すんませんっしたぁ」



めんどくさいから仕方なくあやまっておいた。



すると、


「じゃあ仲直りっ。裕子さん、行ってきまーす!」


泣いていたかと思えば、ニッコリと満面の笑顔になる。



そして、俺の右手をにぎって走り出した。



< 2/ 269 >