ケータイ小説 野いちご

そして、なにも言わずにあたしに子機を渡してきたのだ。


見ると電話は保留にされていて、まだ相手と繋がっている状態にあるとわかった。


「電話、誰?」


「……立川さんからだ」


「立川って……准一?」


「あぁ」


准一から電話ってなんでこんな時間に家の電話に?


なにか急ぎの用事があっても、あたしたちのやり取りは必ずスマホだった。


まだお父さんに質問したかったけれど、いつまでも電話相手を待たせるわけにもいかなくて、あたしは保留を切った。


「もしもし?」


『あ、梢ちゃん?』


聞こえて来たのは准一のお母さんの声で、あたしは一気に緊張してしまった。


准一のお母さんは几帳面で真面目な人だ。


そんな人がこんな非常識な時間帯に電話をしてくるなんて、何かあったに違いない。

< 57/ 245 >