ケータイ小説 野いちご

☆☆☆

翌日の放課後。


あたしたち7人は帰り道の途中にあるカラオケに寄っていた。


周りを気にせず会話できる場所といえば、ここくらいしかなかった。


「みんな、変化してるんだね」


全員が持ってきた写真を確認して、あたしはそう言った。


「あぁ。これ、絶対におかしい」


准一は顔を青くしてそう言った。


あたしはオレンジジュースをひと口飲んだ。


妙な緊張感で喉はカラカラになっている。


いくら飲んでも乾きが潤わない感じがする。


「この写真を撮った場所。立ち入り禁止だったよね」


そう言ったのは美津だった。


たしかにそう。


古ぼけたあの看板をまたいであたしたちは丘の上に立ったんだ。

< 32/ 245 >