ケータイ小説 野いちご

その言葉の意味を理解しているくせに、あたしの心はそれを否定している。


和夫のお母さんの言葉を受け入れる事ができなくて、弾き返してしまっている。


和夫のお母さんの大きな泣き声が聞こえて来て、あたしたち7人の間に真っ黒な世界が降り注いだのだった。

< 23/ 245 >