ケータイ小説 野いちご



「ジルってさ」

「はい?」

「優しいんだか、そうじゃないんだかわかりづらいよね」

「あなたはバカですか?」




そう言うところだってば。
心底呆れたような顔で言わなくてもいいじゃないの。




「私は事実を申し上げているだけ。優しさで言っているわけではありません」

「まぁ・・・そうでしょうね」

「あなたに立派な姫君になっていただきたい。そして、あなたはその方向へ進もうとしている。その手助けを精一杯したいと思っているだけです」





私が姫だから。
つまるところは、やっぱりそういう事なのだろう。


私の価値は、姫であること。
ジルにとっては、それだけの事・・・なのかな。



だって考えてみればそうだ。
だって、ジルは執事で。
それが仕事で。


仕事だから私の側にいてくれて。
仕事だから私の世話を焼いてくれて。




仕事だから・・・。





わかってるのに、どうしてこんなにも胸が痛いのだろう。






< 83/ 357 >