ケータイ小説 野いちご

その灯火が消えるまで



俺の乗る車は砂利道を走っている。

途中で何度も猪とか狸とかが横切っていった。


車はバインバイン跳ねる。


「ババアは耳が遠くて何いってるか分からんのお」


俺の母親はこれを楽しんでいる始末。



「貴也クン、我慢してくだちゃいね~」


「うざ」





俺はもう母さんに反撃する気も起きず、
窓から外を眺める。








< 5/ 413 >