ケータイ小説 野いちご

その灯火が消えるまで








今でも覚えている。




入りたそうにもじもじする男の子がいた。


その子は一番に気付いて声をかけた。





なんて声をかけたかは分からないけれど。





もじもじしていた男の子は、笑った。


その男の子は少年たちと一緒に
楽しそうにサッカーを始めた。



それからは毎日。

その男の子はサッカーに来ていた。


気付くと毎日毎日、子供が増えていた。




あの少年はみんなの中心で笑い、

周りにもその明るさを振り撒く。




なんて素敵なんだろう。

人を明るくさせる笑顔、勇気。







誰かに笑顔をあげる側になりたい。







そう思ったんだ。






< 2/ 413 >