ケータイ小説 野いちご

イジワルな副社長に恋してる!

絢香が、受話器を取ろうすると、晃の手がそれを阻止した。

後ろから、ギュッと抱きしめられる。
「絢香、どうしたら伝わる?どうしたらいい?」
耳元で、消え入りそうな声が聞こえた。

「絢香、俺は絢香が好きだ。好きなんだ。頼む…。絢香が笑うのが見たいだけなのに…。絢香が泣くと、俺も痛いよ…。」
回された腕が更に力が入った。

絢香はまた、涙が落ちた。
なんの、涙かもうわからなかった。

(ー これも騙されてるの?もう、今は何も考えられない。疲れた…。泣かせてるのは自分でしょ…。でも今はこの腕が心地いい…。)


絢香は、目の前が暗くなった。

次に目を開けたのは、ベッドの上だった。
あのまま、眠りに落ちたようだった。

< 61/ 73 >